医学部専門予備校 クエスト

東京 新宿の医学部予備校 医学部受験

独学BAD 医学部情報が入手できない

・面接でいままで何が出てきたのかが入手できない!
・ネットでは、重要な情報が集められない!
・掲示板サイトでは、受験経験者の不正確な記憶・誇張が多く書かれている!
・医学部予備校サイトでは、本当のポイントは明かさない!


一般予備校BAD 医学部に照準が合っていない

・授業クラスに医学部志望者以外が多く、講師が医学部に照準を合わせて授業することができない!
・医学部対策講座(小論文・面接・推薦入試対策)がそろっていない!
・授業用テキストに掲載されている問題の出典が、理工系学部ばかり!
・1科目だけ受けようと思って行った他塾で、他科目の受講を強く勧められた。けど、医学部対策が不十分な塾にはこれ以上依存できない・・・!
・講師が医学部受験知識に疎く、要領を得ない指導をされる!


医学部予備校BAD フォローが不十分
・「オリジナルカリキュラム」と称して渡されたものが、他人のカリキュラムの使いまわし!
・苦手科目の個別授業を強く勧められるが、効果が薄い!
・スタッフが生徒の状況を把握できず、トンチンカンなアドバイスを送る!
・講師の力量がなく、冴えない授業を聞かされる!



双曲線と軸に囲まれる面積。誘導に従って解く力と、「計算できる積分式」を作る力がほしい。
(b)で突然出てきたxは、置き換えて積分するための式。この式を使いこなせるようにしたい。



予想問題ダウンロードはコチラ。(長押し・右クリック)  数学 / 物理


クエスト 合格体験記

2020年合格を果たした、クエスト出身の先輩方の声です。

中村 碧 (金沢大学[医]・東京慈恵会医科大学[医]・東邦大学[医]合格)
 自分は高校生のときあまり勉強しておらず、高2の終わりに入った塾では寝てばかりで、まったく授業が身になっていませんでした。そして現役時ではたったの2校しか受験しないというやる気のなさ。結果はもちろん不合格。
 
 このままではまずいと塾の先生に相談したところ勧められたのがクエスト。
 最初来た時は期待より不安が大きかったものの、いざ説明や体験授業を受けたところ、とても大手にはない先生との距離の近さに驚きました。各教科いい先生が揃っていてとても信頼できました。
 
 そんな環境下で勉強できたおかげで苦手だった教科から得意な教科まで1年間で満遍なく向上させることができたと思います。
 クエストの皆さん、1年間ご指導ご鞭撻ありがとうございました。


岸 海生 (神戸大学[医]・順天堂大学[医]・昭和大学[医]合格)

僕は高1から高2までの二年間、反抗期で全く勉強をせず、数学以外は偏差値は軒並み50以下でした。大手の塾には通ってはいたものの授業中は寝ているかスマホを触っているかで授業料を溶かしているようなものでした。

高2に入って我に返り、自分の将来、何をやりたいのかを考えたところ、医学部に入る事が必要だと考え、医学部を志望しました。しかし周りの医学部受験生には圧倒的に遅れていたので、現役で医学部合格するには合格までの最短ルートを提示してくれる塾に入る必要がありました。

そこで塾探しの中で、クエストで塾長と面談をし、塾長の熱意と自信に惹かれ高2の夏にクエストに入塾しました。(この時僕は物理の“張力”さえも知りませんでした!)
とりあえず英語と数学が絶望的でしたので、高2の夏は英数の基礎に徹しました。クエストが提示したことを夏の間に忠実にこなしたら偏差値が20あがり夏の後には英数の偏差値は70となりました。こうしたこともありクエストを信じて忠実に勉強すれば大丈夫だと確信し、勉強していったところ、第1志望の国立大に合格することができました。

また、クエストは小さな塾ですが、大手予備校を圧倒的に凌駕する先生が個別か超少人数で教えてくれます。この恵まれた環境は他にはないです。
最後に、僕に教えて下さった先生方、事務の方々、塾長、ありがとうございました!


宮本 舜 (東邦大学[医]・東京女子医科大学[医]・聖マリアンナ医科大学[医]合格)
私は一浪目は、大手予備校に通っていました。現役時代で完全に受験勉強に遅れをとっていた私にとって授業のレベルは高く、必死に理解するだけで終わってしまいました。また、生徒数も多く、静かな雰囲気で、講師とも距離があるなあと感じてしまいました。結果、最終合格を貰うことはできませんでした。

二浪目に選んだクエストでは、頻繁に校内テストによるクラス分けがあり、自分にあったレベルの授業を受けることができました。特に苦手だった数学は基本の基本からやり直すことを意識して、担任の方にテストを毎回作っていただき、できなかったところが完全にできるまで授業の復習を徹底しました。

また、勉強内容だけではなく、勉強法や、受験に対する考え方などを変えるきっかけを授業で得ることができました。不安だった面接、小論の対策授業も充実していました。
そして、私が一番クエストで魅力に感じた事は事務の方々、先生方、友達との距離がとても近いことです。いつもアットホームな雰囲気で、気軽に話すことができるため、あまり受験にストレスを感じることもなく、一緒に頑張る友達とモチベーションを高め合うことができました。いつも気を張るのではなく、時には息を抜いて友達と笑い合い、そして勉強に集中することでメリハリのついた浪人生活を送れたと思います。

おかげで、一浪目と比べて模試の偏差値もかなり上がり、自信を持って勉強することができました。入試本番は、前夜に眠れないくらい緊張したり、途中で具合を悪くしたりとハプニングはありましたが、無事乗り切り、合格を貰うことができました。クエストには、本当に支えて貰い、感謝しかありません。


佐藤 梨 (東京女子医科大学[医]合格)
私は一浪目大手予備校に通っていましたが、合格をもらうことができずに2浪が決まりました。後期試験対策で様々な塾の授業を体験し、ひとりひとりに丁寧に教えて下さったクエストに入塾することに決めました。

 クエストの良いとこは、校内テストが頻繁にありそれによってクラスの授業がレベル別に分かれ、自分に合った授業を受けることができることです。
特に化学では、毎週確認テストがあり上位者の順位が貼りだされるのでそこに毎週載ることができるようにモチベ―ジョンを高めて勉強していました。後期になると自分に合わせた課題を出してもらい、毎回アドバイスをして下さりました。そのおかげで過去問演習がはかどり、合格へ近づくことができました。

 また1年間クエストに通い良かった点は、先生や事務との距離がとても近いことです。直前期には担任の方が毎日英語の確認テストを作ってくださり、それを提出することで、単語や熟語、文法に毎日触れることができたのでとても感謝しています。
精神的にもつらかった時期も事務の方と息抜きにお話しすることで頑張ることができました。本当にありがとうございました。


S・H (群馬大学[医]・順天堂大学[医]・日本医大[医]・東京医科大学[医]・国際医療福祉大学[医]合格)
私はいわゆる再受験生で、何年も受験勉強から離れていたこと、元々が文系だったこと、受験勉強を始めたのが6月と遅かったこと、といったようにスタート時点ではおそらく医学部受験生の中でも下から数えたほうが早い状態でした。このようにまずい点がとても多く、短い期間で医学部受験のために何をすればいいか全く分からない状態でした。
そのため大手の予備校ではなく、一人ひとりの状況をしっかり見てくれ、その人に合ったアドバイス、授業が提供できる少人数制の医学部の塾を探し、クエストに入塾いたしました。

今振り返るとあの時クエストに入塾したのが、非常に良い選択だったと思います。
クエストの良いところは、少人数制だからこその面倒見の良さ、だと思います。理科2科目と数学IIIが初学だったので、その科目の勉強の仕方、また志望校の決定に至るまで様々なことを、何度も塾長と先生が相談にのって頂き、適切なアドバイスをして頂きました。また受験までの間ずっと気をかけてくれたことが、自分のモチベーションにもなりました。もちろん授業の質も高く、効率的に重要なことが学べました。

短期間で結果を出すことが出来たのも、クエストのおかげだと思います。この一年間サポートして頂いた塾長、先生方、事務の方々には感謝してもしきれません。本当にありがとうございました!


2020年・医学部合格校

神戸大 / 横浜市立大 / 新潟大 / 群馬大 / 金沢大 / 旭川医科大 / 岐阜大 / 大分大 / 防衛医大 /  
東京慈恵会医大 / 順天堂大 / 日本医科大 / 東京医大 / 東京女子医大 / 昭和大 / 国際医療福祉大 / 日本大 / 東邦大 / 北里大 / 帝京大 / 聖マリアンナ医大 / 獨協医大 / 杏林大 / 埼玉医大 / 東海大  
 ほか合格校多数

クエスト 講師紹介


寺島 よしき
Yoshiki Terashima
目標は、英文法を要とするコミュニケーションとしての英語力の向上。「世界一わかりやすい上智大の英語」など、著書多数。


刑部 希
Nozomi Osakabe
明快でわかりやすく、しかも受験英語のツボを心得ていて、生徒をぐんぐん引っ張っていく。一度先生の授業に出ると「これまでの英語の授業が何だったのか」と思わせるほど、魅力的な指導技術の持ち主。東京外国語大学卒。


吉村 康
Yasushi Yoshimura
東大法学部卒。「クエスト英文法」、「英文和訳演習」などを執筆しつつ、Structure of Sentence英文構造を簡潔に把握させる方法論を完成させた。受験英語の体系化をライフワークとし、受験生のために役立つテキストの作成に精魂を傾ける。


松浦 太朗
Taro Matsuura
上智大学卒。シカゴ大学修士課程修了。専門は中世の哲学であるが、現代アメリカ口語にも精通。英語学習は英文の内容に対する知的好奇心が大切であるとの持論をもとに。


川上 晃
Akira Kawakami
上智大学大学院文学研究科英米文学専攻修了。英米文学研究で鍛えた英語力教育に転じて、苦手な人から得意な人まで確実に英語力を挙げていく実力者。


吉岡 能人
Yoshito Yoshioka
東京都立大理学部卒。数学と化学の学習過程で苦労した体験を活かし、受験体系を徹底的に研究。偏差値10~20アップを可能にする実践的な指導法を編み出す。


鈴木 一哉
Kazuya Suzuki
東大理学部数学科卒、同大学院修了。大手予備校講師。東大2次対策のみならず私立医学部入試問題にも、丁寧な解説を施す。


鈴木 康弘
Yasuhiro Suzuki
東大工学部船舶工学科卒、同大学院修了。大手造船会社の設計を担当したエンジニア。育てる対象は船から人へと変わったが、明快な解法の羅針盤を与える方針に変わりはない。


大澤 隆幸
Takayuki Osawa
物静かで大人しそうな外見からは想像できないほど迫力のある、しかもわかりやすい講義を行う。教えるプロとして一級品の実力者。早大理工学部数理科学科卒。


櫻田 隆太
Ryuta Sakurada
東北大理学部物理学科卒。丁寧に生徒の学習内容をチェックし、実力がつくことに心を砕く。クエスト専任コーディネーター。

西岡 宏典
Hironori Nishioka
自然界の原理を究めたいという情熱がいつしか教育者として物理の苦手な生徒に物理をわからせたい情熱へと変わった。その過程で自然言語と科学言語との対比を研究するべく大学院でヴィトゲンシュタインを学び、力や仕事という日常的な概念がどのようにして科学的な概念へと昇華されるかを研究した。その成果は物理嫌いを物理好きに変え、医学部合格の原動力とさせる魔法の技術となっている。


森本 恭彰
Yasuaki Morimoto
化学を判るまで丁寧に教えることをモットーとする。暗記に頼りすぎず、反応を原理から考えていく授業スタイルで、いつのまにか化学を得点源にしてくれる。人気抜群の秘密は、誰もがぶつかる学習上の辛さや苦しみに手を差し伸ばしてくれる、その優しさにある。


那須 篤
Atsushi Nasu
早大(開成高)卒。一人一人に合う、効率的な学習方法を見出すために労を惜しまない。クエスト専任コーディネーター。




小林 公夫
Kimio Hakase
一橋大学博士。大学非常勤講師を経て、現在、桜美林大学の研究所で客員研究員。医学概論、医学部小論文など医学部2次試験対策の第一人者であり、研究者としては、臨床試験の正当化の枠組みを研究している。医学部生物の分野でも数百に及ぶ解法パターンに精通する実力者であり、多数の合格者を輩出している。詳細な自己紹介等は、オフィシャルサイトにて。


小川 勝
Masaru Ogawa
一橋大学大学院博士課程在学中。消費文化論(産業と消費者との関係に関する議論)を専攻する若き学究。面倒見がよく、丁寧に細かいところまで教えてくれると、生徒から大評判。


小柳 卓史
Takashi Koyanagi
得点の取りにくい共通テストの攻略に関して、創意工夫を重ねて生徒を導いていく。法政大学大学院人文科学研究科地理学専攻。


クエストのコロナ対策

医学部専門予備校 クエストでは、新型コロナ感染対策のため、多くの対策を行っています。

  入室時の検温をお願いしています。
上左写真は、事務室入口に設置している非接触型検温器です。
一定以上の体温が検知されたときや、体調不良の自覚があるとき等は、入室をご遠慮いただきます。
 
  クエスト建物内では、マスク着用必須。個別授業時の講師は、フェイスシールドも着用しております。  
  個別指導ブース・事務カウンターにはアクリルボードを設置しています。
上右写真のように、透明なボードです
 
  入室時の消毒液の使用をお願いしています。  
  定期的に換気・設備消毒を行っています。
室内が寒くなる場合もありますので、上着等のご用意をお願いします。
 

感染予防のために、来訪者の皆様にも、ご協力をお願いしております。
発熱等がみられる場合などについては、建物への入室はご遠慮ください。

2020年4月に全国緊急事態宣言が出された際には、クエストは行政の要請基準に従って、すべての集団授業をオンライン実施し、自習室の使用も停止しました。

現在、東京都を対象に緊急事態宣言が出されております。今後、学習塾を対象とした要請が発表された場合には、要請基準に従った対応を致します。

春のスタートダッシュ
アーリースタート

医学部専門予備校 クエストでは、4月の授業開講までの間、学習プログラム「アーリースタート」を実行します。

◇ この時期で、1年の受験生活が決まる
予備校の授業(高卒生向け)は、4月中旬から開始されます。
しかし受験生の立場から言えば、その開講時を待っていたのでは遅いのです。4月中旬に本格的な授業が開始されるよりも前から、やっておくべきことはたくさんあるのです。ここでの出遅れは、1年間の流れに響くことにもつながりかねません。

基礎固めをしないでレベルの高い問題をやっていると、全く力がつきません。学習上の問題点は目に見えないので、また受験生本人が気づかないので、深刻な結果を招くことがあります。
この事態を避けるため、受験生は春のうちに、欠けている基礎力を徹底的に補強する必要があります。そうでないと、予備校の授業で消化不良を起こしてしまいます。

◇ クエストで、ライバルに春で差をつける
こうした問題に答えるために、クエストは春の学力診断を通して、1人1人のなすべき課題を明確にし、カリキュラムを作成します。
大手予備校に1年通っても英語が全くダメであった生徒に、中2英文法から始めるようアドバイスして、それにより見事に英語の苦手意識を克服して、日医に見事合格したケースがあります。
また、地方在住で4月からクエストに通う予定だった生徒には、毎日の時間割を作成し、英語と数学をオンラインで添削したことがあります。この生徒は翌春、見事に第一志望の医学部に正規合格を果たしました。

彼らの成功は「春のスタートダッシュ」に依るところが大であると思っています。来年の目標達成を誓う受験生は、ぜひ春に基礎力を徹底することに勤しんでください。内容と方法は、クエストの面談で指導いたします。

◇ 監督システム例
●朝8時30分~夜10時まで(一例)、クエスト教室・自習室にて学習するという拘束ルールを設けて、監督します。

期間中はシステム専用スペースを提供して、出席状況をチェックして、メール等でご家庭に報告します。また、学習達成状況は、所感としてご家庭に送付します。

●毎日、受験指導のプロである専任ソムリエが、学習内容を指示し、達成度をチェックします。
単に「拘束する」「自習させる」だけではなく、学習効果を最大化させるようにチェックします。
学習内容や医学部受験情報に精通するクエストだからこそできるシステムです。

●医学部生チューターが、先輩として、学習内容から生活面に至るまで、有益なアドバイスを行います。塾長・専任ソムリエ・講師陣・チューターが密に連携を取り(ソムリエチーム)、スタートダッシュを強力にバックアップします。

◇ カリキュラム内容例 英語が苦手な新高卒生
取り組んだ内容の一部です。
2月
英語 単語「ターゲット」 1日35語 〔最優先課題・隔日確認テスト〕
英文法「高校英文法A」 1日1項〔文型~ 例文書き取り〕
数学 数学IA「高校数学IA」 1日1項
数学III「計算マスタードリル」 極限・微分法 〔隔日チェックテスト〕
3月
英語 単語「ターゲット」 1日35語 〔隔日確認テスト〕
英文法「高校英文法A」 1日1項〔句・節~ 例文書き取り〕
化学 春期無料公開講座 受講

アクセス

所在地〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-23-13 クエストビル
連絡先 03-5331-7610

入塾までの流れ

※2019年以前撮影。
STEP1
お問い合わせ
クエストに関心を持っていただいた方は、ページ下の資料請求フォームから資料を請求してください。
STEP2
面談の申込
ご入会を検討される場合には塾長との面談をお申し込みください。
ご都合のよい日時を提示していただければ、できるだけそれに合わせて面談日時を決定いたします。
ページ下の資料請求フォームからも、塾長面談のお申し込みが可能です。
STEP3
面談
面談では、学力がどの程度かを把握するようにいたします。実行性のある優れた指導には的確な学力診断が不可欠です。
クエストではこうした診断を、単に成績数値だけでなく、塾長との面談でも把握するように努めます。その結果、何をどのようなペースでどのように進めていくのがよいか把握しアドバイスし、指導にも反映するようにいたします。
STEP4
入会申込み
授業開始
面談でクエストに入られる意思をお持ちになった方は、入会申込書に所定事項を記入してください。
受領後、会員番号を発行することで入会は完了です。あとは受講することになった科目の授業開始時に来塾されれば結構です。

※2019年以前撮影。

学費について

2021医学部コース 昼間部生(正規会員)集団授業
入会金 198,000円
授業料 2,277,000円
学費総額 2,475,000円

パーソナルクエスト(個別指導)
月4回(週1回2時間)の場合
入会金 27,500円
F-2コース(学生講師) 50,000円 / 月
P-2コース(プロ講師) 71,000円 / 月
※すべて税込


資料請求の前に、クエストからのメッセージを、ぜひお読みください。

この困難な時代に、あえて医学部を目指す方へ。
これからの1年間の受験生活で、「頑張れる自分」に変わりたい方へ。

クエストはとことんサポートします。
英単語を暗記する膨大な努力が必要です。でもクエストでは、ペースメーカーたちのもとで自分の努力を継続させて、力を引き延ばすことができます。気が付けば、単語の暗記学習が生活習慣の一部になります。
数学の解き方を思いつくセンスが必要です。でもクエストでは、根本の原理からかみ砕いて説明したり、別解を教えたり、次に解くべき問題を示したり、そうやって医学部入試の問題が解けるように導きます。医学部受験に必要な程度のセンスがいつのまにか身につくようになります。

そうやってクエストの先輩たちは、医学部という関門を突破しました。
次は、あなたの番です。
ぜひ面談(塾長カウンセリング)を受けてみてください。
自分のするべき事がクッキリと浮かび上がり、「今すぐ勉強したい」と感じるようになります。

コロナ禍を生き抜き、未来の医師を目指す君に!

共に新しいスタートを切りましょう!


クエストは大手予備校講師の実力者たちが集まってつくった予備校です。マスプロ的な画一的教育に疑問を感じ、徹底的に個人=individualと向かい合い、その能力を極限まで伸ばしていくことを目的としています。当然生徒にも厳しい自己コントロール、self disciplineを要求します。努力や誠意が見られない者には、容赦なく退会を通告します。

一方で努力する者に対しては、クエストはとことんケアします。質問には最後まで答え、さらにその発展形まで教授します。質問すれば、講師陣のハイレベルさが実感できるはずです。さらに勉強の悩みはスタッフ陣が相談に乗り、的確な勉強計画を立てるのを手伝います。丁寧な個別指導(パーソナルクエスト)と併用することにより、さらに学習効果が上がります。
アットホームでありつつ厳しい規律。自ら律し努力する者には、これほど居心地のよい場所もないでしょう。この予備校出身のtutorが多いのも頷けます。もしかしたら今日の日本でクエストほど学問と勉強への情熱のある「大学」は少ないかもしれません。

私自身は開成高校から東大法学部に入り、医師になろうと東大理系に入り直しました。その受験の過程でさまざまな困難に出会いました。だからこそ、受験生のぶつかる悩みは手に取るように分かるのです。
 困ったときはいつでも相談してください。きっと解決策が見つかるはず。しかし最後に『もの』を言うのは、君自身の力と自信。それが発揮できるように、私たちも全力を尽くします。

塾長  長原 正和

資料請求・お問い合わせ

お名前 ※必須
フリガナ ※必須
電話番号(半角)
学年
住所 ※建物名・部屋番号
Mail(半角) ※必須
メッセージ
塾長面談を
希望する場合
面談希望日時
(希望する場合)